現在の館内状況

落ち着いた状況です。 館内ゆっくりご利用頂けます。 皆様のご来館お待ちしております。 2018/11/18 23:00:00

現在の館内状況

ようこそ さやの湯処へ

露天風呂 イメージ
さやの湯処施設 イメージ
さやの湯処外観 イメージ
さやの湯処内観 イメージ
さやの湯処庭園 イメージ

「さや」は日本の古語で「清」と書き、
清らかな様、音が澄んで響く様、
色が明瞭で鮮やかな様を表します。
水の流れや木の葉のそよぎ、
を照らす優しい木もれ日…

私たちが普段の忙しさや都会の喧騒で
忘れがちなものを感じられる、
そんな場所でありたいと願って
「さやの湯処」と名付けました。

東京にありながら、東京でいる事を忘れられる場所。
〝ほ〜っ〟と心の底から大きな息を吐き、日常を忘れて、
ゆったりとした優しい時間をお過ごし下さい。
きっと、忘れていたものが見つかるはずです。

さやの湯処について

Events

一覧

Access

〒174-0063
東京都板橋区前野町3丁目41番1号

tel: 03-5916-3826さやのふろ

外観 イメージ

  • 電車でお越しの場合
    都営三田線「志村坂上」駅下車 A2出口 徒歩8分
    バスでお越しの場合
    ・東武東上線「ときわ台」駅より国際興業バス「赤53」
    JR「赤羽駅西口」行き、「前野町4丁目」下車1分
    ・JR「赤羽駅」西口より国際興業バス「赤53」東武東上線「ときわ台」行き、「前野町3丁目」下車すぐ前
    ※送迎バスのご用意はございません、ご了承ください。
  • お車でお越しの場合
    板橋本町インターから7分
    無料駐車場のご案内
    当館 無料駐車場 90台
    ※駐車場は左折入庫でお願いいたします。
  • 提携駐車場
    イオンスタイル板橋前野町 9:00〜23:00
    ※5時間までは無料でご利用いただけます。駐車券を必ずご持参下さい。
    ※WAONカードはご利用いただけません。

アクセス

初心者 アイコン 初めてのお客様へ

料金・営業時間について

住所 東京都板橋区前野町3丁目41番1号
TEL 03-5916-3826(さやのふろ)
営業時間 10:00〜25:00(最終入館受付 24:00)
休館日 年中無休

※年に数回メンテナンスのために休館することがあります。

ご利用料金 【大人料金】
平日:870円 土日祝日:1,100円

【小人料金(小学生以下)】
平日:550円 土日祝日:750円

※繁忙日には場合によって、土/日/祝日の料金になる場合があります。尚、繁忙日の料金は入館から5時間までとさせていただき、以降1時間毎に100円の加算となる場合がございます。

※一部のクレジットカード(VISA/Mastercard)がご利用いただけます。

施設のご利用について

アメニティ

浴室 シャンプー・コンディショナー・ボディソープ
脱衣所 綿棒・ドライヤー
レンタル バス・フェイスタオルセット【310円】/館内着【310円】/タオル・館内着セット【520円】
販売 フェイスタオル【130円】

ご利用にあたってのお願い

  1. 1. 暴力団ならびにその関係者とみなされる方、入れ墨、タトゥーおよび泥酔の方は、ご入館を固くお断りいたします。
  2. 2. おむつ使用の方、生理中の方の、脱衣所・浴室のご利用はお断りいたします。
  3. 3. 病気の方、医師に入浴を禁じられている方のご入浴はお断りいたします。
  4. 4. 小学生以下の方の入館には大人の方の同伴が必要です。中学生の方のみでのご利用は20時まで。高校生の方のみでのご利用は22時までとさせていただいております。
  5. 5. 館内への飲食物のお持ち込みはご遠慮いただいております。
  6. 6. 8歳以上のお子様の異性のお風呂の利用はご遠慮ください。
  7. 7. 年に数回、設備点検の為休館いたしますが、事前に館内及びホームページでお知らせ致します。

東京の温泉?

お風呂 イメージ

意外に思う方が多いかもしれませんが、実は東京は日本の隠れた温泉地なのです。 温泉密度という言葉がありますが、これは10km2あたりに幾つの温泉施設が存在をしているかを表すものです。 この温泉密度では、なんと東京都は神奈川、大分、静岡に次いで日本で4番目の密度を誇り、これを都内23区だけに絞ると1位の神奈川を越える日本で一番の温泉地となるそうです。 なんとなくイメージからは想像できませんが、東京には随分と温泉施設があるのです。 しかし「仕事場も住まいも東京都内で、癒しの為の温泉までもが東京なんて・・・」と感じる方も多いのではないでしょうか。 でも東京の温泉にもよい点がたくさんあります。何よりも近い事。ふと思い立ったら仕事帰りにでも気軽に立ち寄る事ができます。

外観 イメージ

また最近では岩盤浴やエステ、マッサージ等も充実している施設も多く、身体と心をリセットする癒しの場として多くの方に利用されています。家のお風呂とは違う足を思いっきり伸ばして入れる浴槽や、普段見上げる事のない都会の月を眺めながらの入浴、お風呂の後のビンに入った珈琲牛乳は、それ自体が私たちにとって非日常であり、東京でありながらも、そこには東京とは異なる別の世界が広がっているのです。 さやの湯処はそんな東京の日帰り温泉です。皆様のすぐ身近にありながら、 仕事や普段の忙しさで忘れがちな優しい時間を取り戻せる、そんな場所でいつまでもありたいと心より願っています。

page top